Loading...

ESD for 2030実践講座 2021

地球規模課題ファシリテーター養成のための

ESD for 2030実践講座 2021

「気候変動」などの地球規模の課題に対して、自分ごととして学習者が捉えることができるアクティブ・ラーニング型授業やPBL(Problem-based Learning: 課題解決学習)のプログラム設計や問いのつくり方について、学んでみませんか?

本講座は理論を「聞いて学ぶ」だけでなく、チームでテストプログラムを設計し、実際に設計したプログラムをオンラインで実施する「まなぶ・つくる・ふりかえる」プロセスを実践的に学べます。受講生同士の主体的・対話的関わりの中で、共に学んでいくことを目指す3日間+αの連続講座です。

 

◆ 日程:全3回講座

Day1:523() 10:0017:00

まなぶ:SDGsとESD(SDGs実現を目指す教育)について講義と演習を交えたワークショップ形式で体験的に学ぶ。

Day2:66() 10:0017:00

つくる:チームでSDGsなど地球規模課題をテーマに「プログラム」と「問い」のデザインに挑戦。

Day2.56/18()23()夜間を予定

実践する:上記候補日の中でチームでデザインしたテストプログラムをオンラインで実施。実施日はDay1に調整。

Day3: 626() 10:0017:00

ふりかえる:実践したテストプログラムと講座全体を対話的にふりかえり、自分たちの現場につながる学びを言語化。

 

◆ 講師:井澤友郭(こども国連環境会議推進協会事務局長)

◆ コーティネーター:永田佳之(聖心女子大学現代教養学部教育学科教授)

◆ 受講料:

  一般9,000円 他大学学生3,000円   本学学生 無料

◆ 定員・対象: 40一般・教員・大学生

◆ 会場: 3日間すべてオンライン(zoom)

◆ 申込:こちらまたはQRコードより  

(期限は5月19日(水)まで)

ESDfor2030実践講座チラシ2021修正版