「女性と社会的弱者にとっての気候変動」

なぜ今、気候変動か?

地球温暖化や気候変動という言葉は最近、よく見聞きするようになりましたが、喫緊に解決を要する地球規模の問題であるにもかかわらず、その実際は十分に理解されているとは言えません。

確かに、海面上昇で国土がなくなりつつある南太平洋の島々、氷が溶け続けた北極海で泳ぐシロクマ、干ばつで干上がったアフリカの大地・・・これらの光景がメディアで報じられる場面も多くなりました。しかし、こうした現象の背景を理解し、〈自分ごと〉として捉えるための学びは決して積極的に行われてきたわけではありません。

この度の展示(2019年4月〜2021年3月)では、「気候変動」という同一テーマの元に4回に分けて異なるトピックに焦点を当てて多角的にこの地球規模課題にアプローチします。第一弾(2019年4月〜8月)は、Tシャツなど、私たちにとって身近なファッションがいかにして気候変動と関わっているのかを「ファッション×気候変動」展で表しました。

今回の第二弾(2019年9月〜2020年4月)は「女性と社会的弱者にとっての気候変動」。気候変動によって途上国の女性や子どもはどのような影響を受けているのか、さらにキリバスやネパールという国々で暮らす社会的弱者と呼ばれる人々に何が起きているのかを明らかにします。

2年間にわたる特集が、気候変動という「どこか遠い世界で起きていること」を少しでも身近なチャレンジとして捉え、その解決に向けたアクションを起こす契機となることを願ってやみません。

*********

展示期間 :2019年9月5日(月)~2020年4月28日(金)

入場: 無料

 


Zone A:気候変動と私たちの生活

Zone B:いまなにが起きているの?

Zone C:女性と社会的弱者にとっての気候変動

Zone C:女性と社会的弱者にとっての気候変動

映像