「ロヒンギャ難民に関する連続緊急シンポジウム」報告書を発刊しました

聖心女子大学グローバル共生研究所では昨年8月に発生した大量のロヒンギャ難民の発生を受け、「難民と避難民に関する研究プロジェクト」を立ち上げ、

2017年12月5日、8日の2回に亘り、「ロヒンギャ難民に関する連続緊急シンポジウム」を開催しました。本報告書は2回のシンポジウムの様子を文章化し、整えたものです。

ロヒンギャ難民に関する連続緊急シンポジウムレポートはこちらから

※無断転載はご遠慮ください。