【開催報告】12/5、8 ロヒンギャ難民 緊急連続シンポジウム

聖心女子大学グローバル共生研究所主催の「ロヒンギャ難民 緊急連続シンポジウム」を12月5日(火)、8日(金)に開催しました。

両日とも250名を超える参加者があり、登壇者への質疑応答も活発に行われ、ロヒンギャの問題への関心の高さが感じられました。

第1回(12/5)シンポジウム

第1回(12/5)日下部客員研究員による報告

第1回(12/5)大橋研究所長によるロヒンギャ問題の背景説明

第2回(12/8)ダーク・へベカー氏(UNHCR駐日事務所代表)による報告

第2回(12/8)シンポジウム

会場内掲示:The Daily Star記事