「パタゴニア」による活動紹介

地球温暖化の原因に対処するために最善を尽くしているパタゴニア。
私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む。」をミッションとしています。
そして、その活動を紹介しています。

展示期間:2019年5月31日~8月30日
入場無料


「新品よりもずっといい」

一人ひとりが地球環境のためにできる最善の行動は、モノを長持ちさせることです。
愛着をもって着る服を選び、手入れによっての洋服の寿命を伸ばすということは、長期間にわたってモノを買う必要性を減らし、二酸化炭素の排出と廃棄物および製品を作るための水の使用量を削減します。(パタゴニアHPより要約)
パタゴニアが取り組む環境保護への取り組みをご紹介します。

 

Worn Wear College Tour

パタゴニア日本支社は、5月31日より、聖心女子大学を皮切りに、全国各地の11大学を訪問する「Worn Wear College Tour」を実施しています。
「Worn Wear」とは、着ることについてのストーリーを祝い、皆様にギアを長く使っていただき、修理不能になったパタゴニア製品を簡単にリサイクルするための方法を提供するプログラムです。
大切な1着の寿命を延ばしてより長く着つづけることは、消費を抑えることにつながり、私たちが地球に与える影響を削減するためにできる重要な行動でもあります。
今回の「Worn Wear College Tour」では、修理やその他イベントを通じて、パタゴニア日本支社は学生の皆さんと共に「責任ある消費」について考えます。

日程:5月31日(金)※終了
7月1日(月) 10:00~17:00 ※終了
・リペアプロジェクト by Patagonia
・パタゴニア プロビジョンズの紹介 by Patagonia
・洋服譲渡会 -Hear Voices- by 学生

 たくさんの死蔵服の中からお気に入りの洋服を選んでもらうと同時に、「責任ある消費」について一緒に考えます
・SDGsフォトブース -SDGs×ファッション- by 学生
・アパレル企業へのインタビュー by 学生
 学生が着用する機会の多いファッションブランドに企業訪問し学生が抱く問いを直接インタビュー。結果を発表します

12:25-13:20 辻井隆行氏によるランチトーク
       「気候危機への取り組み~パタゴニアが考える企業と責任~」

場所:聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ エントランス

パタゴニア日本支社「Worn Wear College Tour」概要
https://www.patagonia.jp/worn-wear-tour-dates.html

 


5月31日(金)集合写真

リペアの受付に並ぶ学生(写真左)、その奥にはツギハギ号が待機。