Loading...

BE*hive(展示)

BE*hive(展示)

BE*hiveは、地球規模課題をテーマにした展示とワークショップを行っています。
来訪者のみなさんが、ここでの展示やワークショップを通して「良質な問い」と出会い、それらの課題に関する学習を深め知性を磨く、あるいはその課題解決に向けた実践的活動に積極的に参加することを、私たちは期待しています。
BE*hiveという名称に、私たちは特別な意味を込めました。ユネスコが「人間存在を深めるための学び(Learning to Be)」を提唱していること、そしてベトナム出身の仏教僧ティク・ナット・ハンが「共生」を“Interbeing”と表現していることから、BEE(ハチ)の代わりに“BE”を「存在する人間」として、そしてハチの巣“hive”でしっかりとした人間が育つことを期待して、BE*hive(人間存在が育まれる空間)としました。
この聖心グローバルプラザの一階正面には、田窪恭治画伯作成の大きな「黄金の林檎」があります。リンゴが実るにはその花の受粉が必要で、このためにハチが大きな役割を果たします。ここBE*hiveで育った皆さんが、多種多様な花を訪れて花粉や蜜を身につけると同時に受粉も行い、各地で豊かな実りをもたらしていく、そうした出発点がここなのです。

開催中の展示

これまでの展示一覧

開館日・開館時間・入場料

月~金:10:00am~5:00pm (5月12日(水)まで休館中です)
休館日
土・日・祝日(12/24~1/6は閉館)

その他、臨時の休館となる場合は「お知らせ」にてご通知いたします。

入場料
無料 (20名以上の団体の場合は、あらかじめご連絡ください。)


BE*hiveは新型コロナウィルス感染防止のため、対策を講じて開館いたします。 「BE*hiveの新型コロナウィルス感染防止対策について」をご参照の上、ご来館ください。