2/28(金) みんぱく公開講演会「ふたつの文化を生きる」中止

新型コロナウイルス感染拡大防止のため大阪本会場・東京サテライト会場共に中止になりました。

みんぱく公開講演会「ふたつの文化を生きる」
~ドイツのトルコ系移民から私たちのこれからを考える~

※ライブ中継:東京サテライト会場@聖心グローバルプラザ ブリット記念ホール

ヨーロッパは、移民や難民の受け入れで長い歴史をもち、文化間の軋轢を経験しつつ、「多文化主義」、「ダイバーシティ」という今日の世界で重要な価値もつくりだしてきた。本講演会では、多文化的な社会とはどういうものか、そこで移民の人びとがどのように生きているのか、ドイツのトルコ系移民に焦点をあてて描き出す。
2019年4月、改正出入国管理法が施行され、日本でもますます多くの外国人が生活するようになることが予想される。パネルディスカッションには日本の移民研究の研究者も加えて、ヨーロッパでの移民の経験を参照しながら、日本で多民族・多文化共存の社会をどのように構想することができるか、考えていきたい。

日時:2020年2月28日(金) 18:30~20:45(開場17:30)
場所:聖心女子大学4号館/ブリット記念ホール
参加費無料/申込不要 ※手話通訳あり

詳しくはこちらから

主催:国立民族学博物館 毎日新聞社
協力:聖心女子大学