7/29(日)”甘い”果実の苦い真実~フィリピンからの訴え 上映会+セミナー

手軽な果物の代名詞と言われるバナナ―。

日本にやってくるバナナの約8割がフィリピンから届いています。

1982年に鶴見良行氏がその著作『バナナと日本人』によって、フィリピンのバナナプランテーションにおける、農薬散布、不公平な契約、労働問題などを告白してから36年。それらの問題の多くは未解決のままです。

バナナ生産地の実態を紹介するDVD『”甘い”果実の苦い真実~フィリピンからの訴え』フィリピンバナナの主要生産地であるミンダナオ島よりゲスト2名を招き、私たちが食べているバナナの生産現場で今も続いている問題についてお話しいただきます。現場からの生の声を聴き、「バナナと日本人」の未来について多くの皆さんと一緒に考える機会を作りたいと思います。

日時:7月29日(日)13:00~16:30(開場12:30)

会場:聖心女子大学4号館 聖心グローバルプラザ3階 ブリット記念ホール

資料代:500円

プログラム:
【第一部】13:00~14:20
DVD完成記念上映『甘いバナナの苦い現実(仮)』制作:アジア太平洋資料センター 監督:村上良太
【第二部】14:30~16:30
現地報告1)「バナナプランテーションと農薬使用-労働者と周辺住民の健康は?」
現地報告2)「バナナ生産者を苦しめる大手企業との栽培契約」
日本の報告)「あなたのお金が『人喰いバナナ』に?―金融と預金者の責任」

お申込み:ウェブサイト(https://www.e-banana.info/)または、メールの場合、info@e-banana.infoまで、件名を「7/29セミナー申し込み」として、お名前、人数をお送りください。

 

共催:エシカルバナナ・キャンペーン実行委員会<アジア太平洋資料センター(PARC)、APLA、オルター・トレード・ジャパン(ATJ)>/Fair Finance Guide Japan

 

【エシカルバナナ・キャンペーン事務局】
東京都新宿区大久保2-4-15-3F 特定非営利活動法人APLA気付
TEL:03-5273-8160/FAX:03-5273-8667/メール:info@e-banana.info

詳細はこちらのチラシでご確認ください⇒ 0729上映会セミナーチラシ