Loading...

BE*hiveの新型コロナウイルス感染予防対策について

新型コロナウィルス感染予防対策について (2021年10月1日改訂)

聖心女子大学グローバル共生研究所は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から必要な対策を講じてまいります。ご利用の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

1. BE*hive来館にあたってのお願い
(1) 発熱、風邪症状、味覚障害など体調に不安のある方や、新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者として現在経過観察中の方は来館をお控えください。
(2) BE*hive入口にて、手指消毒と検温をお願いします。
(3) マスクを着用してください。(当館では、マスクの販売・配布はしておりません。)
(4) ソーシャル・ディスタンスを保つようご協力ください。
(5) 咳エチケットなど、他の来館者に配慮し、館内での会話を控えてください。
(6)館内での密を避けるため、混雑状況によっては入場制限を行います。
(7) 途中で体調不良を感じた時は、速やかにスタッフにお知らせください。

2. 当館における感染防止策について
(1) スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を確認します。
(2) スタッフはマスクを着用します。
(3) スタッフは適宜手指消毒を行います。
(4) 飛沫防止パネルを設置しているほか、館内の換気を徹底しています。

3. その他
(1) 来館者・スタッフが発症した際は保健所と適切に連携して対応するとともに、必要に応じ、当館ホームページ等でお知らせします。
(2) 今後も新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開館時間の変更や臨時閉館をさせていただく場合があります。また、来館者へのお願いと当館の対応も、適宜変更することがあります。