ワークショップ

ワークショップ

BE*hive でできること

BE*hive の企画運営を担当しているNPO法人開発教育協会/DEARでは、「知り・考え・行動する」という視点で様々な参加型ワークショップを開催しています。

グローバル共生ワークショッププログラムのご案内

BE*hiveの展示による学びをより深めていただくために、様々なワークショップをご用意しています。総合学習や、訪問学習、修学旅行、その他グループの学習などの一環として、ぜひご活用ください。

対象者・費用

  • 原則として、対象は高校生以上~一般、人数は20名以上
  • 費用は無料/要事前予約

プログラム例

  1. 展示メインコース (所要時間:20分~40分)
    BE*hiveに展示されている写真やパネルをもとにして、難民が生まれる背景や難民の方々の気持ちについて、参加者同士で意見交換をしながら考えます。
    • 本コースに限り、ほかの来場者がいらしていない場合に限り、事前予約なしでも随時開催することができます。
  2. 話し合いメインコース (所要時間:40分~60分)
    「難民・避難民」をテーマに話し合います。展示を見る前と見た後で気持ちや意見がどう変わるでしょうか。意見交換を通して、もっと知りたいこと、これからやってみたいことを考えます。
  3. じっくり考えるコース (所要時間:90分~)
    映像や展示を交えながら、日本の、そして世界の難民・避難民のおかれている状況を体感し、自分たちに何ができるのかを考えます。

質問・申し込み先

プログラムのお申し込みは、「ワークショップ申込書」をご記載の上、実施希望日の2週間前までにE-mailもしくはFAXにてお申し込みください。
お問い合わせいただく際は、「聖心グローバルプラザのワークショップの件」での問い合わせであることをお伝えください。

  • 住所:東京都渋谷区広尾4-2-24
         聖心女子大学4号館/グローバルプラザ
  • TEL:03-3407-5811(代表)(4号館内線:104)
  • FAX:03-3407-5805
  • Email:be-hive@g.u-sacred-heart.ac.jp

ワークシート

BE*hiveでは、展示の内容をより深く理解するためのワークシートを提供しています。来場時にどうぞご活用ください。

  1. 難民・避難民について考えてみよう!
  2. 世界にいる難民・避難民
  3. 日本にいる難民
  4. 日本の難民認定制度の課題

開発教育入門講座のご案内

環境・紛争・貧困など地球上で起きている様々な問題は、私たちの生活とどうつながっているのでしょうか?

NPO法人開発教育協会/DEARでは、開発教育をわかりやすくご紹介する入門講座を毎月1回開催しています。国際協力に関心のある方、開発教育を知りたい方、実践したい方、アクティブラーニングに関心のある方、DEARの活動に参加してみたい方‥。まずはお気軽に入門講座におこしください!

詳細や参加申込みは、こちらをご覧ください。

開発教育・国際理解教育に関するワークショップ

環境・紛争・貧困など地球上で起きている様々な問題は、私たちの生活とどうつながっているのでしょうか?
NPO法人開発教育協会/DEARでは、「知り・考え・行動する」という視点で様々な参加型ワークショップをBE*hiveで実施します!