特別企画写真展 W杯特別展「中東の難民とW杯」開催中

サッカーW杯記念!
『ワールドカップ参加国の中東の難民 写真とサカベコ展』を開催します。

 

主催:NPO法人日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)

 2003年のイラク攻撃が始まり国境に避難してきたのは、イラク人だけでなく、イラクで生活していたイラン難民、パレスチナ難民でした。
そして、2011年にシリア内戦が起こり、2015年にはヨーロッパに大量に移住しました。
支援活動で出会った彼らを、ワールドカップ参加国で整理してみました。
ドイツ、イングランド、デンマーク、スウェーデン、オーストラリア、ブラジル、イラン、日本から見えてくる難民問題とは?

そして、会場には、シリア難民らが日本を応援するために作ったサカベコ・ジオラマを展示します。
サカベコとは、福島県会津の伝統玩具「赤べコ」にサッカーのユニフォームをペイントしたものです。

6月9日(土曜日)~7月4日(水曜日)
月~金:10:00am~6:00pm
土:11:00am~4:00pm
日:はお休み

場所:Be *hive 聖心グローバルプラザ(4号館)
東京都渋谷区広尾4-2-24
http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/

また会期中には、イベントも開催します!

【6/16(土)対コロンビア戦特別企画 W杯を熱狂しながら難民問題を知る方法】

日本が初戦で当たるのはコロンビア。2016年のノーベル平和賞は、シリア難民などを大量に受け入れたドイツのメルケル首相と、50年の内戦で国内避難民が世界で一番多くなったコロンビアの内戦に終止符を打とうとしているサントス大統領が競い、結果サントス大統領が受賞しました。
しかし、コロンビアって、いったいどんな国なのか日本でほとんど知られていません。
かつて、コロンビアのプロリーグで活躍し、シリアでコーチも務めたことがある、国際的でユニークなサッカー人の屋良充紀さんをゲストに、『サッカー』『難民問題』などなどなんでも聞いてみましょう!
・日時:6/16(土) 14:00~16:00
・ゲスト:屋良充紀さん(元シリア代表コーチ)
・会場:Be*hive 聖心グローバルプラザ
・参加費:無料
・お申込み・お問合せ:info-jim@jim-net.net/TEL03-6228-0746
申込フォーム:https://goo.gl/kLozS1

【6/30(土)シリア難民としてイラクで生きる~ママの目から見た人道支援~ 青山弘之先生・酒井啓子先生解説付き】

JIM-NETのローカルスタッフとして、現地で活動しているリームが初来日予定です(※)。
シリアの現状、イラクでの難民生活から難民を支援するスタッフとして活躍するまでなど、子どもを育てながらの人道支援現場につていリアルな報告をします!
(※このイベントは、ビザ取得の関係で登壇者が変更になる可能性があります。)

・日時:6/30(土) 14:00~17:30(予定)
・会場:聖心女子大学4号館 聖心グローバルプラザ3階 ブリット記念ホール
・ゲスト:青山弘之先生(東京外国語大学教授)
酒井啓子先生(千葉大学教授)
・参加費:1000円(高校生以下無料)
・お問合せ:info-jim@jim-net.net/TEL 03-6228-0746
申込フォーム:https://goo.gl/wnFgrC