BE*hive-アート作品のご紹介③

BE*hiveでは、多数のアーティストの方々によって「難民・避難民」をテーマに作られたアート作品を展示しています。そのどれもが独創性があり、アーティストが作品に込めたメッセージを感じとることで、更なる好奇心や想像力をかきたてられます。前回に引き続き、BE*hiveの作品の数々をご紹介していきます。

作品名:Born, Reborn-LilyとY氏の物語- / 作家名:立川真理子

Y氏(1914-1989)の家族につながる記憶の箱。

香り、色、思い出の風景。

ひとつひとつ、ご自由に開けてみてください。

会ったことのない人を身近に思う。

それは記憶につながる感覚体験が

ひとつのきっかけになると思っています。

 

作品名:うしなわれたせかい / 作家名:大橋 新

故郷をうしなった人間がたどり着いた1つの惑星。

そこには、地球ではうしなわれてしまった、

恐竜のような生物が生息していた。

やがて彼らとの間には奇妙な共生関係が築かれてゆく。

それは、うしなわれたせかいの再構築なのかもしれない。

 

  

最後に、BE*hive内で使われている間伐材で作られた木材家具をご紹介します。

BE*hiveには、きれいな木目が特徴のリーフレットラックやテーブル、受付机用のカウンターなどがあります。これらは、木工作家 長崎克央さんの手によって、津久井(相模原市緑区道志川沿い)産のスギの間伐材を使用して作られました。一つ一つの家具は、極力1枚の板、隣り合う板、一本の原木から構成されており、材料同士のつながりが表現されています。また、樹皮の内側にある虫の後が残っているものもあり、木や虫のいのちを感じられ、地球上のあらゆる生き物たちとの共生へのメッセージが込められています。手づくりの温もりが感じられるこれらの家具によって、BE*hiveはより一層素敵な空間になっています。

 

———————————–

BE*hiveでは、今年5月より、展示の小テーマが「中東の難民」に変わります。現在展示中の「日本の難民」の展示は4月中旬までとなります。ご興味のある方は、ぜひお見逃しの無いよう、BE*hiveへお越しください!

 

(BE*hiveスタッフ 岩岡)